Registration Immediate Openings Site Map
Miwa Saraya さん

アメリカへの憧れは幼いころより持っていましたが、
当時は“アメリカに行きたい”と漠然に考える程度の
ものでした。しかし、その想いが小学、中学、と歳を
追うごとに強くなり、高校時代にはかなり具体的に考
えるようになりました。進路を考える際もまずは英語
を鍛えなければ、と語学に定評のある関西外国語大学
短期学部を選び、卒業後にアメリカの大学に編入する
ことを目標に定めました。当初アメリカに来た一番の
理由は、英語をもっと学びたいということでしたが、
一民族・一言語、そして異文化に接する機会の少ない
日本で育った私にとって、アメリカでの生活は魅力的
なものでした。実際アメリカに来てから色々な人種や
文化に接し、今までとは違った視点で物を見るように
なり、視野も広がりました。自分でも今までよりも色
々なことを幅広く受け入れられるようになったと思い
ます。
大学に編入後、専攻を決めきれなかった私は、まず一
般教科を先に取る事にしました。いよいよ専攻を決め
なければならない時期に差し掛かり、まだ悩んでいる
時に同じクラスを取っていた年上の2人の日本人双方
から “もし、大学卒業後アメリカで就職したいと考え
ているのなら、就職に役立つ学科を専攻した方がいい。”
という同じ内容のアドバイスを頂きました。日本にい
ずれ帰るにしろ、アメリカの大学を卒業した以上こち
らで勉強した事を活かして経験を積んでみたいという
、またそれ以上に社会人として更に様々な人と出会い、
学びたいという気持ちが膨らみ、卒業後何年かはアメ
リカで働きたいという想いが増してきました。そして
就職,にも将来にも役立つ専攻は何かを真剣に考えるよ
うになりました。
きっかけを下さった方を通して“学生”という立場な
がら様々な“大人”の方と知り合う機会を多々得る事
ができ、就職に関する事、アドバイス、戦略等を教え
ていただきました。その方々を通してこちらでの就職
状況、ビザ事情等の情報を得ることもでき、人のネッ
トワークの大切さを痛感しました。
卒業後、ここアメリカで働くには、市民ではない留学
生にとって、ビザ取得が最大の難関です。就労ビザは
会社が自分を必要としサポートしてくれないと申請す
る事が出来ません。また、自分の仕事内容と大学での
専攻が一致しなければ、ビザ取得も困難となります。
そこで、需要の高い仕事に就けるようにという事と、
ビザ取得が比較的スムーズにいく事を考慮して専攻を
Accountingにしました。
就職活動の第一歩として、卒業を控えた半年の時点で、
プラクティカルトレーニングを申請しました。それが
手元に届いた後、以前からよく目にしていた日本の人
材紹介、派遣会社に行ってみようと考えていました。
就職活動をするに当たり、クラスメート、カウンセラ
ーの方々に就職活動について相談に乗って頂いたりし
ていましたが、彼等と私では就職活動をする環境、条
件等あらゆる点で違いがあり、お互いに理解に苦しん
だからです。まず彼等アメリカ市民には、就労ビザ等
の留学生の詳しい状況を理解してもらえません。しか
し、日本の人材紹介会社ならその点は問題なく、ビザ
をサポートしてくれる企業、日本人である事を不利で
なく、むしろ有利な点として受け止めてくれる企業を
紹介してくれると思ったからです。
卒業しプラクティカルトレーニング取得後、就職活動
の先輩である何人かの日本人の友人に薦められた人材
紹介派遣会社、MAX Consulting Groupに登録をしに
伺いました。薦めてくれた先輩、友人曰く“レジメの
書き方から始まり、面接に行く時の身なりのアドバイ
ス(時にはスーツ、鞄、靴等まで貸して下さるとか)
をしてくださり、他州からこちらに来た知人は就職後、
アパート探しまで親身になって手伝って下さった”と
の事でした。やはり実際に登録した人の意見が一番信
用できます。
MAXさんに伺い登録用紙に記入後、コンサルティン
グの方と面接。その中で早速ポジションを紹介して頂
き、すぐに会社側に連絡を取って、面接のアレンジを
して下さいました。翌日会社にて面接、その数日後に
は無事オファーを頂く事が出来ました。本当に信じら
れない早さで就職活動を終えることができ、自分でも
驚きを隠せませんでした。即お仕事を頂き、自身にと
ってもその仕事が、希望に見合ったポジションであっ
たので大変嬉しく思いながら初日を迎えた事を今でも
鮮明に覚えています。
私の仕事は、社員約80名のpayroll, 会社に関与する
様々な保険、CPAとのコミュニケーション、401K等
数字に関わる全てです。最初は分からない事ばかりで、
間違える事も多く、御迷惑ばかり掛けていましたが、
上司、諸先輩方が親切に基礎から御指導してください
ました。スキルアップのためにとコンピューターのク
ラス、Payrollに関するクラスにも参加させて頂き大
変に勉強になりました。毎日楽しく、不満が無い事が
知人に疑われるほど満足の出来る環境で働いています。
正直に言うと最初はあまりにも簡単に就職できたので、
これで良かったのだろうか?もっといいポジション
があったのではないだろうか?とも思いましが、今と
なってはいい選択をしたと確信しています。私の性格、
希望するポジション等をわずかな時間で見極め、それ
を考慮した上で私のスキルに見合った、しかもチャレ
ンジングなお仕事を紹介して下さったMAXさんには
感謝の一言につきます。これ程順風満帆に就職活動を
終える事ができたのも、MAX Consultingさんのお陰
です。
こちらで就職するには、母国でのそれとは違い、学生
の頃から多少なりとも就職に対する心構えと準備が必
要だと思います。アメリカでは注意してくださる大人
に触れる機会が極端に減ります。自身も含めまだまだ
若く経験も乏しい私達世代は、自説に固執し、目上の
方からの意見が時には面倒で鬱陶しく感じ、世代の違
いだとその意見を真っ向から批判してしまうことも多
々あります。しかしながら、会社での生活を通じ、目
上の方々から学ぶべき事は沢山あると改めて思いまし
た。親元を離れ、アメリカに一人で来ている自分の事
を注意してくれる方を今ではありがたく思っています。
人の意見に素直に耳を貸す、学生の時から社会性を身
に付けるよう心掛ける、そしてビザスポンサーが就職
活動に大きな障害とならないように大学での専攻につ
いてよく考慮する。何ごとも早めに準備しておけば良
い結果につながるのではないかと私は思います